美味しい蟹を食べたいなら雄を選ぶべし!

 

かにお歳暮

 

蟹を買う時に、雄と雌を意識したことがありますか?おそらくほとんどの人が気にせず買っていると思います。そもそも、雄を雌の見分け方を知っている人はほとんどいないでしょう。実は蟹の雄と雌とでは、味がかなり違うのです。ここでは、雄と雌どちらが美味しいのか?味の違いは?見分け方は?などの疑問を解決していきます。

 

 

まず、蟹の雄と雌を見分ける方法について説明します。蟹の雄と雌を識別する際にチェックする部位が、フンドシ(前掛け)です。フンドシは蟹のお腹の部分についているもので、この形状が雄と雌で異なります。雄のフンドシは三角形で、雌のフンドシは半円状になっています。雌のフンドシの方が面積が大きいんです。

 

また、体の大きさでも雄と雌を判別できます。一般的に雄よりも雌の方が体が小さくなっています。わざわざフンドシを見なくても、ひと目で雄と雌を識別することができますね。ただし、タラバガニやズワイガニの雌はあまり市場に出回っていません。

 

次に蟹の雄と雌どっちが美味しいのかをご紹介します。結論から言うと、雄の方が美味しいです。雌は出産によって多くの体力を使うため、身が薄くなり、味も落ちてしまいます。特に脚の部分に関しては、雄と雌の味の違いは歴然です。雌の脚の部分の身は、歯ごたえが悪く、パサパサして美味しくありません。美味しい蟹なら断然雄というわけです。

 

ただし、先程も言いましたが、雌の蟹は市場にほとんど出回っていません。毛ガニに至っては北海道では禁漁となっているので、手に入る確率は極めて低いです。だから、雄と雌を選ぶのにそれほど神経質になる必要はないんです。

 

ここまで読まれた方の中には「雌ガニを食べる価値は無い」と思った人も多いでしょう。しかし、雌の蟹でも食べ方次第で美味しくいただけるんです。雌蟹の魅力は卵があることです。正確には卵と卵巣にわかれます。卵は外子、卵巣は内子と呼ばれています。これらは珍味として、かに通から大変人気です。特に花咲ガニの外子・内子は、かなり美味しいと評判です。そのため、花咲ガニは雄よりも雌のほうが高値で取引されています。

 

以上のように、身を楽しむなら雄、卵を楽しむなら雌と言ったところでしょうか。通販サイトで購入する際に、雄と雌が気になったら問い合わせてみるとよいです。でも、ほとんどの通販サイトでは雄蟹にしか売っていないので、そこまで気にする必要は無いですよ。