タラバガニとズワイガニは産地によって味と品質が違う

 

かにお歳暮

 

実は、日本で販売されている蟹の中には外国産のものが多数あります。そのため、適当に蟹を選んでしまうと、外国産の蟹をお歳暮で送ってしまうことになるんです。ここで、多くの人が疑問に思うことがあります。それは「国産の蟹と外国産の蟹で味に違いはあるのか?」ということです。おそらく多くの人が、国産の方が美味しくて安全だと思うでしょう。

 

しかし、蟹に限って言えば、それは当てはまりません。なぜなら、蟹は低温の場所で生育したものの方が高品質だからです。水の温度が低い方が、身が引き締まって甘みがあるんです。そのため、日本よりも低温のところで育った蟹はより美味しいということになります。

 

外国産の蟹でお馴染みなのがロシア産です。ロシアで捕れた蟹は、身がしっかり詰まっていて味が濃い、という特徴があります。しかも、国産の蟹よりも低価格です。だから「予算が少ない・・・」という場合は、ロシア産の蟹を選ぶのもアリというわけです。

 

ただし、外国産の蟹を選んでいいのは、タラバガニに限ります。タラバガニは頑丈なので、輸入しても破損が少ないからです。これがズワイガニになると話は変わってきます。ズワイガニはタラバガニに比べると劣化が激しいので、輸入すると品質が落ちてしまいます。味も国産に比べると劣ってしまいます。

 

だから、外国産のズワイガニを購入することはオススメできません。大切なお歳暮となると尚さらです。もしお歳暮にあまりお金をかけれないという場合は、外国産のタラバガニを選ぶようにしてください。