料理によって分かれる生冷凍とボイル冷凍の選び方

 

かにお歳暮

 

通販ショップで販売されているタラバガニやズワイガニには「生冷凍」と「ボイル冷凍」の2種類があります。中には生の状態の蟹を販売している通販ショップもありますが、その数は僅かです。ほとんどの通販ショップでは、生冷凍とボイル冷凍のどちらかを選ぶ形となります。では、生冷凍とボイル冷凍の違いは何でしょうか?

 

まず生冷凍とは、収穫された蟹を生の状態で冷凍したものです。新鮮な状態で瞬間冷凍されているので、鮮度は抜群です。生冷凍の蟹を食べるためには、まず火を通して解凍しなければいけません。そのままの状態では食べれませんので、注意してください。生冷凍のかにの定番料理と言えば、カニ鍋やカニしゃぶなどです。蟹を使って一手間かけた料理を味わいたい人は、生冷凍を選択しましょう。

 

一方、ボイル冷凍とは収穫されたかにを一度茹でてから冷凍したものです。解凍後、そのままの状態で食べることができます。再び火を通してしまうと蟹の旨味が損なわれますので、流水で解凍させましょう。また、料理に手間をかけると逆に味が落ちてしまいますので、蟹ステーキや焼きガニのような簡単な調理で食べるのがオススメです。料理が面倒だという人は、ボイル冷凍されたカニがオススメというわけです。

 

生冷凍とボイル冷凍で迷った時は、手の込んだカニ料理を楽しみたいなら「生冷凍」、手間をかけずにそのまま食べたいなら「ボイル冷凍」を選択してくださいね。