オススメのカニ料理はコレ!

 

かにお歳暮

 

蟹には茹で料理や焼き料理など、さまざな調理方法があります。一体どれがいちばん美味しい食べ方なのでしょうか?いろいろ考えた結果、ぜひおすすめしたいのが「かに鍋」です。かに鍋は、蟹料理の定番です。かに鍋の一番の魅力は、カニとさまざな食材の組み合わせを楽しめる点です。さらに、カニの濃厚な出汁も堪能できますし、シメの雑炊も最高です。

 

ここで美味しいかに鍋の作り方をご紹介したいと思います。まず昆布で出汁をとります。知らない人も多いかもしれませんが、かに鍋の基となる出汁は昆布なんです。鰹や煮干しではありません。鍋に水と昆布を入れ、2、3時間置きます。その後鍋を沸騰させますが、沸騰する直前に昆布を鍋から取り出します。昆布を取り出す途中でアクが出ますが、昆布の旨味が詰まっているので、捨ててはいけません。

 

続いて味付けです。 鰹ダシと薄口しょうゆとみりんを10:1:1の割合で入れます。さらにそこに、塩と酒を少量加えます。お好みで味を調整してください。次に野菜を投入します。おすすめの野菜は、白菜、にんじん、大根です。これらの野菜は冬の鍋料理の定番です。ただし固いので、他の具材よりも先に鍋に入れて柔らかくしておきましょう。

 

野菜をすべて入れたら、蟹を投入します。蟹はある程度火が通ったらすぐに食べましょう。そのほうがプリプリの食感を堪能することができます。

 

最後に雑炊を楽しみます。蟹を入れている時間が短くても、出汁がしっかり出ます。また、ご飯は冷ご飯を入れてください。温かいご飯を入れると味が落ちます。以上が、美味しいかに鍋の作り方です。